わーど絵
わーど絵指導・その他販売
折鶴
ぱそこんわーく
問い合わせ先
TOPのわーど絵は
井上良子さんのカレンダーから


もう一つのわーど絵
「ワードアート」で「ART」
する


[わーど絵について]のページに「獅子頭を描いてみよう」を
載せています。


(2015.1)
節分のお手本を載せています。

(2014.8.16)
生徒作品ページに合同作品
わーどえパソコン紙芝居
「広島県民話、あび漁のお話」を掲載しました
(2014.9.17終了)

(2014.7.20)
「紫陽花特集」は終了しました
(2014.6.24)
 生徒作品ページに
 「紫陽花」を追加しました

(2014.5.8)
 生徒作品:追加掲載しました
  

わーど絵を教えて10年が過ぎました。今年は新しい一年です。
初心に帰って、新たな発見を楽しんでいます。

Word2010〜2013の機能は私の好奇心を掻き立てますし、また3Dプリンターの登場も興味深いものです。さらに高齢者にはタブレットが向いているように思えますし、勉強したいことが山ほど有ます。

教室では、2003〜2013のワードが自己主張しています。それぞれに良さがありますね。使える間は慣れたものを使われると良いと思います。


わーど絵ミニテキストを掲載しました。お試しください。

わーど絵ミニテキスト
ぱそこんわーくのお手本やテキストは、
すべて私が創ったオリジナルです。

山内流「わーど絵」の特徴は模様や色にあります。
六角模様や麻の葉模様等、古くからある和模様を勉強し
テクスチャにしています。
また、上級者向けにオリジナルのグラデーションを
創ることを楽しんでいます。
Word2010〜の描画機能の素晴らしさに
まだまだ工夫の余地ありと思っています。


高齢だと思ってあきらめていませんか。
時間が出来た今こそ自分の可能性を見つけてみませんか
ウィンドウズパソコンの
「ワード」「エクセル」「パワーポイント」に
「図形描画機能」があります。
使って楽しい時間をつくりませんか。
更に機能を使いたい方は
習いに来てください。

「Word2010」が使いにくいという声をよく聞きました。
グループ化が選択の白い矢印で囲んで出来ないからだと思います。
その場合は「エクセル2010」や「パワーポイント2010」を
使ってみましょう。選択の白い矢印で囲んでグループ化出来ます。
そうそうワードアートも大きさを変えたりするのは2007までと同じです。
お持ちのパソコンに入っている「Office」で、使い易いと思うもので
図形を使って下さい。



(勝田愛子さん)

2008年の合同作品「わーどえ 千羽鶴」



ワープロソフト「Word」で絵が描ける!

もともと絵を描いていらっしゃった方は基本のテキストで
自由に素晴らしいわーど絵を描かれています。
私のように絵の経験が無い者でも描けるように考えているのが
山内流のわーど絵です。
絵は素人ですから、デッサンも何もしません。
下絵も作りません。
いきなりイラストを描くのですから最初からわーど絵が描けます。
この方法でシニアの方が素晴らしい作品を描かれています。

さらにレベルアップするために機能の使い方を工夫しています。

わーど絵経験者の方で、機能の使い方がいまひとつ・・・
という方は、当教室の講座を受講されませんか。

年だと思ってあきらめていませんか!
機会が苦手だと思ってあきらめていませんか!
あなたの周りの高齢者の方、お父様、お母様、お爺さま、お婆さま、
年だから・・・と思わないで、
古いパソコンがあれば始めてみませんか!
ワードはどのバージョンでもOKです。

この教室は80代で始める方もいらっしゃいます。
はじめませんか、パソコンでお絵かき
「わーど絵」を!




井上良子さんの「タージ・マハール」2013年の作品です。
インド旅行の思い出の写真を見ながら描かれました。



(2014.12.1)
ワードで描く電飾ツリー!!!


(勝田愛子さん)   (矢部貴美子さん)  (吉本貞子さん)


(2014.11.1)
秋は菊の花!
吉本貞子さんの「大菊」
わーど絵歴1年ちょっと、2012年の作品です。



(2014.10.13)
今年もたくさんのHALLOWEENのイラストが出来ました。
播磨雅子さんの「ハロウィン2013」です。
アレンジが楽しいですね!



中垣濱枝さんの「孔雀、秋の図」
大作です!!



夏になると頭に浮かぶのがこの作品です。
温田さんの「メジロザメ」



「Word」は絵の上手な方にも最適なお絵描きソフトです。

ご紹介する吉崎様の下記2点のわーど絵は、
2012年の「わーど絵の世界展 in 東京」の出展作品です。
「簡単楽しいわーど絵講座<入門・基礎編>で、ワードで絵が描けることを知られてから1年も経たない期間に描かれた作品です。

【戦艦大和物語≪最後の出撃≫】


【東京夜景 平成24年10月現在】




紫陽花のきれいな季節になりました。
美都子さんの「額紫陽花」はガラスの花瓶に挿してあります。


(わーど絵についてのページを参照してください。)


透過性を使おう!(2014.6月)

ワードの色の設定の中には
「透過性」という素晴らしい機能があります。
この機能は画面上では透けて見えていても、いざ印刷すると
透けていないという状態になり困った方が多いようです。
私は、2004年から見えた状態を印刷する事を確立しています。

下記の秋本さんの「部屋の中」という作品は
2007年に「WinXP−Wprd2003」で描かれたものです。
カーテンや窓、ガラス製のテーブルに花瓶と
「透過性」がふんだんに使われています。


次の温田さんの作品「鶴模様の着物」は
オリジナルのテクスチャと透過性を
巧みに組み合わせたものです。
 


「Word2010」からはこの「透過性」が使い易くなっています。
透過性を使うことで、「わーど絵」の幅が広がります。
“わーど絵”は
シニアや誰にでもパソコンを楽しんでもらう為に工夫した
“Microsoft社のWord”で絵を描く手法です。
そしてその手法で描いた
「イラスト」や「絵」のことです。


Word」は本来「ワープロソフト(文書作成ソフト)」として開発されたものですが、その機能は
「お絵描きソフト」としても、とても優れています。

 私はシニアさんに一番向いている
「お絵描きソフト」であると思っています

ぱそこんわーくは
わーど絵を専門に教えています。


2004年にシニアの方を中心とした受講生のわーど絵作品展を開催して
早や10年が経ちました。
MS-WordもWord2000、2002、2003、2007、2010、2013と
バージョンが移り、Word2013が現在の最新版です。
バージョンが進むごとに、その機能の内容も変わっています。
図形描画の部分から見るととても進化していると私は思います。
もちろん使い易さの慣れ、不慣れからそう思われない方もいらっしゃるでしょう。以前のバージョンが良かった…と。 
大事なことは、
どのバージョンでも「わーど絵」は描けるということです。
お持ちのパソコンでどうぞ楽しんでください。
ボケ防止になりますよ。
 
私だけが描けたらそれは〈特技〉に他なりません。
特定の人だけ描けてもそれはその人の〈特技〉です。
習った人が誰でも描ける、それが手法です。
それが私の“山内流のWord絵”です。

“わーどえ”と名付けました。
MS−WORDは
高齢者に最適なお絵かきソフトです!

下記の受講生の作品をご覧下さい。左下の2つの原爆慰霊碑以外は60〜80歳代の作品です。
(テキスト「簡単楽しいわーど絵講座入門・基礎編」
の表紙、裏表紙の見返しにしています。)

 わーど絵作品 
もちろん、最初からこの作品が描けたわけではありません。
 基本は図形の組み合わせですから、自然に形の良いものが描けます。色は好きな色になるまで、何度でも簡単に変更できます。
組み合わせ方は種々様々で、パズルのような楽しさもあります。

 例えば、Wordの基本図形の中にハート型があります。
  
このハートが「ふうせん」になり、(ハート1つ)
ハート2つで蝶になり、
ハート3つでチューリップになり、

ハート4つで四葉のクローバーになり、
ハート5つで花になり

日本の花さくらにもなる。

この過程を<わーど絵おえかきえほんシリーズ>の
「はーとものがたり」で表しています。
わーどえ

パソコンが難しいと思っている方、機械が苦手だと敬遠している方、絵が下手だからと思っている方に、是非わーど絵を試して頂きたいと思います。

特別に描画ソフトを購入する必要もないし、バージョンが古いから出来ないということも有りません。多少操作の違いは有りますが、大した事ではありません。

手軽に始められるわーど絵はパソコンを単なる情報を得る機械だけではなく、仕事や生活に密着した使える道具として活かす事が出来ます。名刺やDM、バースディカードや年賀状、オリジナルのバッグや綿シャツなどにも活用されています。

わーど絵を始められた60歳代から80歳代のシニアの方のお話を聞くと、

◎子供や孫、お嫁さんとの会話が増えた。
→「スゴイ!」と言ってくれる。

◎手紙を書くことが苦にならない→楽しくなった。

    オリジナルの絵を添える事で反響がある

◎自然を観察するようになった

→普段気にしなかった道端の草や花にまで目が向くようになった。

精神的に豊かになった、生活に張りができた・・・。私が多くの方にお薦めしたいと思った理由です。

絵を描く事は心を癒すといわれて、パソコン絵画はブームになっています。絵の具やキャンパスの用意をしなくても良いし、筆を洗ったりする後片付けが要らないので手軽に絵を描く事が楽しめるという利点があるからです。 わーど絵は更に特別なソフトも要らないわけですから、より手軽に始めて頂ける方法です。
 そして、最初は図形から描きますが、自由に線で描くことも実は単純な(私が考えた)決まりごとがあるのです。パズルから芸術へ、何よりも一つ一つ段階を追って描いていくことで達成感が得られます。



わーどえ受講者
わーど絵教室
広島市中区大手町1丁目1-26
(大手町一番ビル)
TEL:082-244-0019
10:00〜21:00
はじめての方は予約が必要となります。
[わーど絵]を楽しむ仲間になりませんか。
描く人、教える人、
そして作品を見て応援する人も。
描いたものを見せ合うことで
コミュニケーションの輪を広げましょう。
パソコンは便利で、楽しい、
高齢者にこそ必要な道具です。
 
ホームわーど絵について生徒作品パソコン教室オンラインショッピングプライバシーポリシー
Copyright C pasokon work All Rights Reserved.